トロントのカレッジ選び|人気のHospitality学科のあるCollege上位三つ!

 

実は嬉しいことに、ホスピタリティーでの留学を考えている、というご相談をいくつかいただきました。 

 

最近、注目度が上がっている学科とも聞き、なんだか嬉しいです😆

実は私、ホスピタリティー学科のホテルマネジメントを専攻し、そのまま現地のホテルに就職した身です。せっかくなので情報をシェアしていきたいと思います!

 

トロントには複数、ホスピタリティー学科のあるカレッジがあります。

今日はその中でも、私がトロントで勤務していたホテルの同僚たちも行っていたメジャーなカレッジ三つについて、ざっくりご紹介します。

 

George Brown College

Humber College

Centennial College 

(↑私の母校です笑)

 

 

George Brown College

ホスピタリティーといえばこちらのカレッジが一番人気な印象です。

ダウンタウンど真ん中のためアクセスが良く、学校の後も遊びに行く場所がたくさんあって楽しい。

校舎がいくつかに分かれているため、移動は面倒ですが、いろんな人に知り合えたり都会の街を散歩がてら歩けるのも◎ですね。

日本人の学生がが結構多いので安心と言う声も。(逆にそれが語学習得のためのデメリットと捉える方もいました)

 

Humber College

他二つのカレッジと比べると少しレベルが高い印象です。

より専門的な知識、技術を学びたい方にオススメです。

ピアソン空港の方にあるので、ダウンタウンから遠くアクセスがあまり良くないのがデメリット。しかし学校近くの家は、ダウンタウンより少し安いか、同じ値段でも広いことが多い印象です。

 

結構規模も大きな有名カレッジで、地方に住んでるカナディアンもわざわざトロントにきて通うような学校です。(日本でいう上京のイメージ)

私が留学する学校をまだ選んでいる時期(約4年前)に、東京で行われるカナダ留学フェアにもきておりました。当初の私はは語学もままならず、レベルの高いHumberはやめました。笑

 

Centennial College

はい、私の母校です!笑

こちらも東京で開催されたカナダ留学フェアにきていました。

個人的にこの学校に決めたポイントがこちら。

 

 

ELL(語学プログラム)が付属にあるので、英語がまだできなくても全然大丈夫。ELLから始め、ELL修了後に本科プログラムに入学が可能(エスカレーター進学的なイメージです)

・日本人が比較的少なく、語学習得によし

・その反面、日本人スタッフさんがいらっしゃるから、万が一のことがあっても安心

学生寮トロント中の学校の中で一番最新&キレイ!!(2016年にリニューアル)

 

ホスピタリティーの棟はリニューアルしたため、

最新の設備が整った校舎での学習ができます💖

 

f:id:momo-toro:20200502200143j:plain

Centennial College 学生寮 兼 新ホスピタリティー

f:id:momo-toro:20200502200445j:plain

Centennial College メインキャンパス

デメリットは。。。

 

・Scarborough市と言う、トロントの外れにあり、ダウンタウンへのアクセスが不便。特に冬はバスがなかなかこない中外で待つのは辛かったです😅

・日本人は少ないが他の国からの留学生がかなり多い。インド系の生徒が8割を占めているので、いわゆる”カナダ感”(白人コミュニティが多い世間的イメージのカナダ)を想像して来ると最初は異文化の多さにショックを受けます。笑

 

 

完全に母校の話が長くなってしまいましたが😅

 

今回紹介したカレッジは、どれもホスピタリティーでキャリアを目指している人からは人気の学校で、実際の就職率も高いものが揃っています⭐︎

 

George BrownとHumber に関しては、現地の生徒からの声という感じでざっくりとした話になってしまいますが、

もしCentennial Collegeにご興味のある方がいらっしゃれば、詳しいお話もできますので、

ぜひお声掛けください^ ^

 

 

 

もも